浴室・浴槽塗装リグレーズ本部・TBM JAPAN

i会社案内
メールでお問い合わせ

TBM JAPAN

浴室・浴槽塗装リグレーズ
リグレーズ施工例
ホーク社製品ご紹介
代理店募集

どとうの8日間

2017年3月22日投稿

出来ることなら3日に1度休みを取りたい(無理ですが)、そんな私にとって怒涛の8日間でした。

東京研修から帰り、遅れ気味の事務仕事をアタフタと片付け、14日~19日まで片道2時間半の現場施工、20日、21日と技術研修でクタクタの63歳。

その割には今朝5時に目覚め、おいしいカフェオレ淹れて飲みましたけど。

今回の現場は、昨年6月初めて仕事させていただいた倉敷市児島のメゾネットタイプのおしゃれなアパート別室。
浴室は1216の在来工法で天井高2.3m、壁面は全面タイル、塗装面積17㎡とアパートとしてはかなり大きめ。

タイルのクラックと目地の傷み、そして緩慢な自分の動きに少し手こずりました。
塗装テクニックにこだわったりするくせに、実はかなり不器用な私は、床のシート貼りにもいい冷や汗をかきました。

前回も今回もアパートオーナーに児島の割烹「三松」へ招待していただきました。
とてもグルメとは言えない私にも、この店のレベルの高さは分かります。
「三松 児島」で検索するとすぐ出て来ます。
探訪をお勧めします。

来月桜の咲くころに同じオーナーの別室を施工させていただくことが決まっています。
次回は知り合いの寿司屋さんに招待していただけるとのこと。(不謹慎ですが楽しみ)

研修は三重から1社1名、名古屋から1社2名のご参加。
研修プログラムはこの16年間いくつかのマイナーチェンジはあっても、基本的に同じ内容です。
しかし、研修のノリや流れは毎回違ってきます。

前々回の岡山研修では、何人かに笑い虫が舞い降りました。
意味もなくお互いの顔を指差しながら笑いこけるのです。
それもかなり長時間。

私の顔を指差してお笑いになるのは結構ですし、お気持ちは良く分かりますが、これじゃ研修が進みません。
研修主催者として大変困惑しました。

今回も2日目の午後、笑い虫降臨の兆しがありました。
インストラクターの私は何とか踏ん張り、虫退治に成功しました。

しかし女房は、いつも私が先頭を切って笑いこけていると主張します・・・。

きっと何かの間違いでしょう。

 

黄金のトライアングルほぼ完成 !

2017年3月1日投稿

条件の厳しい日本で浴槽・浴室塗装を生業としていると、まず、
① 最高品質の塗料が必要だ。
との理解に至ります。

次に、
② 塗料の性能を最大化する施工技術が必要だ。
と痛い経験を通して思い知ります。

痛い経験とは施工の失敗、つまり塗膜剥離です。
だから、ここで言う施工技術とは下地調整を中心とした塗装を剥がさないための技術です。

浴槽・浴室塗装では、①②の必要を満たすことが最優先の課題となります。
①②が満たされていないと、おどろくほど簡単に塗装が剥がれてしまうからです。

この課題をクリアしないと、安眠できません、仕事になりません、会社をやってけません。
事実この業界30数年の歴史で、どれだけ多くの企業が塗膜剥離により破綻して行ったことか。
笑いごとではありません。(笑)

16年前全国リグレーズ工業会を立ち上げた時、上の①②はクリアしていました。
だから、曲がりなりにも今日までやって来れました。

①②をまずクリアして最後に残る課題が、
③美しい塗装です。

浴槽・浴室塗装では、「美しい塗装」イコール「最高品質のスプレー塗装」となります。
「最高品質のスプレー塗装」には、「完成されたスプレーテクニック」と「最高品質の塗装機」が必要となります。

20数年間「美しい塗装」を求めて試行錯誤が続いています。

実のところ浴槽・浴室塗装は、「最高品質の塗料」、「塗料の性能を最大限発揮させる技術」、「ほどほどの塗装機」、「ほどほどのスプレーテクニック」で充分やって行けます。

「ほどほど」が災いして、もし「美しくない塗装」になっても、ペーパーがけによる肌調整とコンパウンドがけにより「美しい塗装」に直せるからです。

お客さまは直した後の「美しい塗装」に満足し、施工者は直す前の「美しくない塗装」に満足できない。
施工者のジレンマと「美しい塗装」の追及はどこまでも続きます。

幸いにも1年前ホーク社の紹介でフジスプレーの温風低圧塗装機(HVLP塗装機)を使い始めました。
「最高品質の塗装機」と確信し、昨年5月から輸入を開始しました。
「美しい塗装」のための「最高品質の塗装機」が手に入りました。

これで、
① 最高品質の塗料
② 塗料の性能を最大化する施工技術
③ 美しい塗装
ほぼ全てが手に入りました。
残るは「美しい塗装」のための「完成されたスプレーテクニック」だけです。

だからこの投稿のタイトルは、「黄金のトライアングル完成 !」ではなく「黄金のトライアングルほぼ完成 !」となりました。

実はスプレーテクニックに完成はありません。
永遠に「黄金のトライアングルほぼ完成 !」のままです。
だからこの仕事は面白いのだと思います。

 

 

「ホテルサンルート小松」ユニットバス塗装

2017年2月19日投稿

2月5日から12日まで、石川県小松市のホテルサンルート小松のユニットバス塗装に出かけました。
全国リグレーズ工業会のバスメイク(株)さんが受注された物件の応援施工です。

1年1ヶ月前にワンフロアーを施工し、以後問題が発生していないことから、次のフロアーのゴーサインが出ました。
今年7月、12月、来年1月で残りの全室を施工します。

私を含めた応援者4名、バスメイク(株)代表の津田さん、現場研修参加者2名の総勢7名でワイワイ楽しくやりました。
岡山に戻ったらドット疲れが出ましたが・・・。

大型物件施工のために会員企業でチームを編制できる。
これは全国リグレーズ工業会の強みです。

バスメイク(株)津田さんは浴槽・浴室塗装を専業とし、12年以上活動を続けられています。
12年前他の代理店システムに加入しこの業界に参入された後、1年半前全国リグレーズ工業会へ移籍されました。

<他のフランチャイズや代理店システムに加入した後、何らかの事情で全国リグレーズ工業会に移籍する。>

全国リグレーズ工業会には、このような会員企業が20社前後おられます。
何らかの事情とは、FC本部が破綻した、施工での瑕疵発生率が高すぎる、などです。

バスメイク(株)さんは通常少人数で活動しているため、工期に制限のある大型物件は今まで受注を避けて来られました。
1年6ヶ月前の基本技術研修後このホテルの件で相談を受けた時、私は「皆に応援要請して必ず人を集めます。だから大丈夫ですよ!」と自信満々に話しました。
(初めてのことではないのですが、毎回責任重いです。)

この業界で仕事していると特に大型物件の受注を目指していなくとも、ホテル等の話が舞い込みます。
確実な施工をする業者がまだ少ないこと、独立系の企業では人員・工期・機材面で対応出来ないこと、などが原因です。

しかし、たまに舞い込む大型物件のために4~5人の技術者を常時雇用するのは大変非効率的です。
人数分の塗装機、送排風機、サンダー、赤外線乾燥機などを準備しておくのも大きな負担です。
だから、普通は「せっかくの良い話なんだけど、今回は断念しよう。」となります。

全国リグレーズ工業会のやり方だと、人員・工期・機材面などに問題はありません。
無理すれば15人以上の吹き手(浴槽・浴室に適切にスプレー出来る技術者)を集めることが出来ます。

全国リグレーズ工業会にはこの数倍の吹き手がいますが、なにしろみんな原状回復工事、建物クリーニング、傷補修(リペア)、建築塗装などの本業や浴槽・浴室塗装で忙しい。
現状では15人集めるのが精一杯です。

とは言え熟練した吹き手が15人いれば、数百室のホテル施工もこなせます。
もちろん吹き手以外に足付け、養生、仕上げなどの人員も必要ですが、こちらの人集めは比較的容易です。

機材も各自持ち込みなので、受注者はたまにしか使わない機械を買い揃えておく必要もありません。
使う塗料(Hawk社製品)も施工方法(リグレーズ工法)も全員同じなので、施工はスムーズに進みます。

応援費用も「お互いさま」の方針で決めています。
受注者が毎回必ず利益を出せるようリーズナブルかつ抑えめに設定しています。
これは意外と大切です。

応援者も現場でベストを尽くしますが、やはり一番大変なのは受注者です。
大型物件の現調・見積・元請けおよびホテルとの度重なる交渉・現場資金繰り・材料仕入れ・実際の施工・施工時に発生する諸問題への対処・売上金の回収・・・。

慣れてないと正直大変です。
最初の頃は、あまりの大変さに涙目になることもあるでしょう。

だからこそ、一つ一つの現場で受注者が確実に利益を出せることが大切です。
「一時は請け負ったことをすごく後悔した。でも結局やって良かった!」
と心から思えないと次につながりません。

また、このようにして大型物件を施工した企業は、必ずと言って良いほど他社が受注した大型物件の応援に来てくださいます。
これはどの社会、どの業種でも同じでしょう。
だから私は全国リグレーズ工業会で大型物件が発生した時は、必ず応援施工に行きます。
たとえ呼ばれていなくても。(笑)

昨年わが社が工期が短く規模の大きい社員寮を受注した時も、過去に私が応援に出向いた会員企業は、まさに万難を排して駆けつけてくださいました。
「お互いさま」の原理が良い形で働くのです。

最後にこの件に関し付け加えておきたいこと。
「ホテルサンルート小松」全館施工は、今後バスメイク(株)さんにとって輝かしい実績となります。

 

 

千葉県八街市にて現場研修

2016年10月29日投稿

全国リグレーズ工業会の皆さまへ

11月4日~7日千葉県八街市にて現場研修を開催します。
一般住宅ユニットバスの全面再生塗装です。
研修を想定し、日程には余裕をいただきました。
弊社受注物件のため、従来どおり研修費は発生しません。

参加ご希望の方はご連絡ください。
現場住所等の詳細は、参加決定の際にお知らせいたします。

 

これから研修

2016年10月19日投稿

今日明日と津山で浴室・浴槽塗装の技術研修です。
窓から見える空の青、わずかな雲の白、紅葉が始まったばかりの木々の赤。
美しい。
広島市から1名、岡山市から2名、計3名のご参加。
今回は復習研修も兼ねています。

先週11日から15日まで北海道に行きました。
仕事とプライベートを兼ねていたので女房も同行し楽しかった。
「北海道は道が広くて、海鮮が美味しい。」
(無粋な私の精一杯の感想。)
こういう形でいろいろな所へ行ければ良いのですが、実際は仕事だけの慌しい移動の連続。
これからは無機質な「移動」だけでなく、もう少し「旅」を加えたい。

 

さいきん浴室・浴槽塗装で気になっていること

2016年10月8日投稿

老婆心かもしれませんが、心配なので書きます。

最近インターネット上に、DIYでの浴室・浴槽塗装を促すサイトが目立ちます。
SEO(検索エンジン最適化)がうまく行ってるのでしょう、「浴槽 塗装」などのキーワードで検索するとトップページ最上部に複数出て来ます。

興味深いのは同じキーワードで検索するとタイトルが、「DIYでの風呂塗装は危険!」となっているプロフェッショナルのサイトもあることです。

人体・人命にとっての危険性を指摘してくれてるのだろうと訪問してみると少し違って、「思ったより材料費がかかる」 → 「施工がむつかしい」 → 「プロにまかせた方が良い」という流れの内容でした。

このサイトをもっと深く探って行けば、危険性に関する話が出てくるのかも知れませんが、それでは危険性の告知という目的を十分に果たせてないと思います。
出来ることなら検索サイトから入ると、ダイレクトに危険性を説明するページにたどり着けるようにしていただくとありがたい。

ここで私が訴えたいのは、「一般の方が浴室という狭く換気の悪い空間で、強溶剤型の塗料を扱うのは大変危険。」ということだけです。

技術的難易度が高い・低い、費用がかかる・かからない、DIYが良い・悪い、などは枝葉末節です。

浴室は狭い。
浴室の窓は小さい。
すなわち換気が悪い。

このような空間で、一般の方が十分な安全対策を施すことなく強溶剤型の塗料を使えば、急性シンナー中毒となる可能性が高くなる。
また火気厳禁を徹底しないと、強溶剤型塗料は引火性が非常に高いので火事になる。
どちらも人命に関わる事態です。

私たちプロの施工業者は、必ず換気のため業務用送風機を設置すると同時に高性能の防毒マスクを装着します。
加えて電気的火花による引火を防ぐため、塗装機は必ず浴室から離して設置します。

プロとしてこのような安全対策を講じていても、不測の事態は起こり得ます。
送風機のダクトが周囲のウエス、キッチンペーパー、養生など軽量物を吸い込んで目詰まりを起こし、室内の溶剤濃度が一気に上昇する。
防毒マスクのカートリッジが使用限度を超えていることに気づかず使ったため、いつの間にか意識が朦朧としていた。

私自身もかって送風機にキッチンペーパーを詰まらせたことがあります。
まったく換気していなくても機械音だけは聞こえるので、吹付けしていると気づかないのです。
このような場合、室内の溶剤濃度が急激に上昇するため、業務用防毒マスクを装着していても急性シンナー中毒になります。
幸いあの時は二人で作業していたので事なきを得ましたが、もし一人だったら、ここでこの文章を書いていないかもしれない。

窓を開ける。
既設の換気扇を回す。
ドアを開放しておく。
ホームセンターで売っているマスクを使う。

この程度の安全対策では明らかに不十分です。
一般の方がご自分で浴室・浴槽の塗装をする場合も、プロフェショナルと同等かそれ以上の安全対策を施していただきたい。

これに加えてDIYで塗装する場合、必ず二人以上で行う必要があります。
溶剤中毒により意識を失い倒れた場合、すぐに室外に連れ出し清浄な空気を吸わせれば死亡事故には至りません。
一人だけで作業していると、これが出来ないため最悪の事態となります。
常に一人が塗装をし、もう一人はシンナーの影響がない隣室で作業補助をしながらまさかの場合に備えます。

DIYを推奨するサイトには、「安全対策をしてください。」との記述があります。
しかし、画像などを使ってもっと詳細かつ具体的に説明しないと、一般の方には実際どうすれば良いのか分からない。

私がこのような投稿をしても一般の方の目に触れる可能性は極めて低いので、何の役にも立たないのかもしれない。
ただ同業者の皆さんがこのサイトを訪れる可能性は、わずかながらでもある。

もしこの文章に気づかれたら、ぜひ貴社サイトにイラストや写真を使った具体的かつ詳細な安全対策を追加記述してください。

お願いします。

 

 

高梁市バスタブ塗装

2016年10月1日投稿

9月26~28日と岡山県高梁市で施工。
わが社から高梁市まで距離にして60km、車で1時間30分程度かかります。
山口県、愛媛県など3~400kmの出張と較べるとずいぶん近く、そして楽に感じます。

むかし地元での各種リフォーム施工がメインだった頃は、現場までの平均移動時間は20分程度でした。
30分以上かかる現場は、当時ずいぶん遠い所のように感じていたものです。

人間の感覚・知覚・認識は驚くほど相対的です。
「いい加減」、「当てにならない」とも言います。

そんな人間の書くブログですから、きっと正確さに欠ける部分もあることでしょう。

今回の施工は、実にオーソドックスなものでした。
古いアパートのユニットバスが全体的に経年劣化。
塩ビ鋼板の壁面下部にフクレがわずかに発生。
FRP浴槽喫水線以下の表面ゲルコートが消失し、下層のガラス繊維が広範囲に露出。
当然のごとくクラックも発生。

天井・壁・床の劣化は許容範囲内というオーナーの判断で、今回は浴槽のみ施工。
塩ビ鋼板のフクレが進行し錆が目立ち始めたら、残りを施工することになるでしょう。

1日目、FRPライニングを中心に下地補修および足付け(サンディング)。
2日目、ベースコートとトップコート吹き付け。
3日目、養生除去、バフがけ、撤収作業等に2時間強。

赤外線ランプによる強制硬化の必要もなく、比較的のんびりした施工になりました。

- のんびり - ?

本当はいつも「のんびり」仕事したい。
しかし現実は違います。
時間に追われながら「狂ったように」施工するのが、この仕事の常態です。
つまり狂気が正常な異常な世界です。

「こういう事を書くから、技術研修受講者が減るんだ!」と時々叱られます。
「でも本当のことだから・・・。」と答えるしかありません。(笑)

今回の施工中も、会員企業の皆さまから技術的質問を含め、いろいろ電話をいただいたのですが、中でも4年半キャリアの熊本Yさんとは、「施工時の狂気スイッチのON/OFF 」に関する哲学的・詩的考察で盛り上がりました。

お客さまにはあまり聞いて欲しくない内容ですが、当人たちにとっては楽しいことこの上ない会話です。
携帯電話を固く握り締め、狂気について話し込む四つの目は、きっと怪しい光を放っていたことでしょう。
まだ暑いですからね。

今回はめずらしく写真を撮りました。
天邪鬼の私は「今回こそ写真を撮ろう!」と決めると、必ず撮りません。
「自分に対して天邪鬼になっててどうするの?」と思いますが、そのくせ「今回は写真必要ない」と決めると、素直にその決定に従います。
要するに基本的に写真撮りません。

今回の写真撮影は女房の功績です。
施工前と施工後、各々3回ずつスマホに「写真撮るの忘れないでね~!」とメッセージを入れてくれたのです。(フランス語と英語で。少し自慢そして自戒。次に、この一文を消せないことに自己嫌悪。やがて居直り。)

施工前後の違いが判別できないほど微妙かつ精妙な写真が撮れたのは、私の功績であり実績です。
私が施工写真を含め写真撮影全般を嫌うのは、実は天邪鬼だからではなく、ご覧のようにただ下手だからです。

 

 

2016.09.30 022

(浴槽およびエプロン 施工前)

 

喫水線以下に変色、クラック、ガラス繊維の露出。
これでは入居希望者も決断を戸惑うでしょう。

 

 

2016.09.30 042

(浴槽およびエプロン 施工後)

 

9ヶ月が経過して、フジスプレー社製ミニマイト5の取り回しにもずいぶん慣れてきました。
光沢、平滑さともにOK。自讃。

 

 

2016.09.30 024

(浴槽底面 施工前)

 

ゲルコートが加水分解により消失。
下層のガラス繊維が露出して美しくない。

 

 

2016.09.30 033

(浴槽底面 施工後)

 

写真と作文は下手だが、吹付けは上手?
自讃と長時間の自問。

 


 

今回の施工には後日談があります。
後日談と言っても施工翌日、おとといのことです。

高梁市は岡山県中西部に位置する人口3万人の小都市です。
車で移動してると山中の川沿いに、突然街が現れます。

歴史ある城下町ゆえか、街も人もとても落ち着いています。
なぜだかこの街のことが気になり、2日目のベースコート硬化待ち時間に車で辺りを少し探索しました。

車からしっかり整備されている武家屋敷を見ていると「備中松山城」の看板。
火に誘われる蛾のように城に向かう。(仕事は大丈夫か!)
ところがこの城は、天守が現存する山城としては、日本で最も高いところにあるのだそうです。
時間的にとても無理なので、泣く泣く断念。(仕事最優先!)

それで施工完了翌日、女房と日帰りドライブしました。
女房が撮った写真に変わったものが2枚あったので、ご紹介します。

 

 

2016.09.30 001

武家屋敷の居間

 

当主の首がわずかに右に傾き、息子に何かを話してる。
息子は神妙な面持ちで聞き、奥方はわずかに微笑んでいる。(奥方は美人です。)

見学者は即座に「何を話してるんだろう?」、「武士の心得を諭してるのかな?」、「それとも晩飯のメニューの相談か?」と想像を膨らませてしまう。

人形の首をほんの2~3度傾けるだけで、そこにえも言われぬ趣き、リアルさ、物語性が生まれるのは面白い。

塗装ロボットによる完全無欠な新車塗装より、狂気モードの職人が2~3センチ手元を狂わせてホンノリ垂らした塗りの方が味わい深いことに似ていなくもない。(違うような気もする)

あまりに驚いたので写真は撮ってないのですが、ここにはもう一体別の人形があります。
靴を脱いで玄関から部屋に上がると、とつぜん身長2メートルくらいの家来の人形が現われ、深々とお辞儀するんです。

女房も私もギョッとして大きく後ずさりしました。
女房はもう少しで悲鳴あげそうでしたね。

後で「君、あのね~。」とつぶやきながら確認すると、家来は身長2メートルどころか私よりうんと小さく、可哀相なことにずいぶん栄養が足りてない感じでした。
「人間の感覚・知覚・認識は驚くほど相対的です。”いい加減”、”当てにならない”とも言います。」と書きましたが、まさにその通りです。

帰る時に受付の男性が「玄関の人形ビックリしたでしょう!」、「センサーで人を感知して機械仕掛けでお辞儀するんですよ。」、「お客さんほぼ全員後ずさりするんですよ~。」とうれしそうに話しかけて来た。

私が少しだけムッとしながら、「具合が悪くなるお年寄りや、怒り出す人いませんか?」と尋ねると、おじさんの目がしっかり泳ぎましたね。
大惨事の予感、そして税金の無駄遣い。

お役所仕事にしてはなのか、お役所仕事だからこそなのか良く分かりませんが、この”お化け屋敷”、いや”お武家屋敷”、かなり変わってます。
高梁に行ったらぜひ訪ねることをお勧めします。
 

 

 

2016.09.30 002

武家屋敷の風呂

 

前日までこの街で風呂塗装してた私は、なぜかここで長時間固まってしまいました。

いやなに、ただ木製風呂桶の施工方法、工期、見積金額を検討していたんです。
見積書の名義を「おばけやしき様」とするか「おぶけやしき様」にするかで大いに悩みました。

 

 

フジスプレーのホームページ完成!

2016年9月20日投稿

https://web428.com/ さんからうれしいメールが入りました。

フジスプレーのホームページ完成の知らせです。

すっきりしたデザインで大満足です。

ありがとうございました!

 

これから徐々に情報を追加して行きたいと思います。

ぜひご訪問ください。

https://www.hvlpspray.jp/

 

 

宇部からの生還

2016年9月19日投稿

宇宙ならまだしも、「宇部からの生還」は大げさ過ぎます。
しかしそんな感じもある。

2日で終わらせる予定が3日になりバテました。
次の施工日程が気になりマインドが揺れました。
おかげで写真撮影を忘れました。(いつものことですが)

50cm長の漏水貫通クラックの筈が80cm強で、クラック両端が浴槽壁面のコーナーにしっかりかかっていたため、ライニングと研削に時間を取られた。
在宅のアパートなので作業時間に制限があった。
現場研修なので話してる(説明してる)時間が長かった。

予定が延びた原因はいろいろありますが、すべて言い訳です。
本当のところは私の体力低下なんだろうと目星はついてます。

このままあと10~15年は仕事を楽しもうと考えてる身にとって、体力低下は悩ましい。
そこで2ヵ月半前から筋トレ、ストレッチ、ランニングを始めたが、いまだ効果出ず。
腰痛対策として特に腹筋運動に力を入れているのだが、やればやるほど筋肉ではなく下腹がせり出して来るのはなぜだろう?(運動量の微増 → 食事量の急増。これが原因であろうと目星はついてます。)

完了が1日遅れたこと。
体がとことんバテたこと。
「次の現場、2度目の日程変更認めてくれるだろうか?」とマインドが揺れたこと。
長時間の研削で両手がガチガチに硬直したこと。
施工写真の撮影忘れたこと。
筋トレやる程に下腹がせり出すこと。

いろいろありますが終わってしまえば、すべてOK!No problem!

ということで、仕事もエクササイズも続いて行きます。

 

 

山口県宇部市へ出張施工

2016年9月12日投稿

明日、明後日と山口県宇部市へ出張施工です。
距離350km、時間にして4時間半。
遠いですね。

2ヶ月前に施工させていただいたリフォーム会社から再度の発注です。
アパートのユニットバス浴槽に50cm長のクラックが入り、湯が洩れているとのこと。
現在使用中のお風呂なため、急ぐ必要があります。

東京のM社Yさんが、現場研修として参加されます。
止水のためのライニング施工込みなので、良いご経験になると思います。

それにしても東京からだとさらに遠い。
Yさんのような熱さがないと、この仕事で結果を出すのは難しいのかもしれない・・・。

宿泊費、燃料費、高速代が加算されるから、お客様の負担も小さくありません。
山口県にこの仕事をやる会社は、無いのでしょうか?
(少なくとも全国リグレーズ工業会会員はいない。)

こういう状態を改善するために16年間技術研修を続けて来たけれど、まだまだ技術者が足りない。
圧倒的に足りない。

嘆いててもしょうがありません。
宇部できちんと施工兼現場研修をやる。
今まで通り、基本研修・上級研修・現場研修をコツコツ続ける。
これだけです。

 

 



東洋ビルメンテナンス