浴室・浴槽塗装リグレーズ本部・TBM JAPAN

i会社案内
メールでお問い合わせ

TBM JAPAN

浴室・浴槽塗装リグレーズ
リグレーズ施工例
ホーク社製品ご紹介
代理店募集

これから研修

2016年10月19日投稿

今日明日と津山で浴室・浴槽塗装の技術研修です。
窓から見える空の青、わずかな雲の白、紅葉が始まったばかりの木々の赤。
美しい。
広島市から1名、岡山市から2名、計3名のご参加。
今回は復習研修も兼ねています。

先週11日から15日まで北海道に行きました。
仕事とプライベートを兼ねていたので女房も同行し楽しかった。
「北海道は道が広くて、海鮮が美味しい。」
(無粋な私の精一杯の感想。)
こういう形でいろいろな所へ行ければ良いのですが、実際は仕事だけの慌しい移動の連続。
これからは無機質な「移動」だけでなく、もう少し「旅」を加えたい。

 

さいきん浴室・浴槽塗装で気になっていること

2016年10月8日投稿

老婆心かもしれませんが、心配なので書きます。

最近インターネット上に、DIYでの浴室・浴槽塗装を促すサイトが目立ちます。
SEO(検索エンジン最適化)がうまく行ってるのでしょう、「浴槽 塗装」などのキーワードで検索するとトップページ最上部に複数出て来ます。

興味深いのは同じキーワードで検索するとタイトルが、「DIYでの風呂塗装は危険!」となっているプロフェッショナルのサイトもあることです。

人体・人命にとっての危険性を指摘してくれてるのだろうと訪問してみると少し違って、「思ったより材料費がかかる」 → 「施工がむつかしい」 → 「プロにまかせた方が良い」という流れの内容でした。

このサイトをもっと深く探って行けば、危険性に関する話が出てくるのかも知れませんが、それでは危険性の告知という目的を十分に果たせてないと思います。
出来ることなら検索サイトから入ると、ダイレクトに危険性を説明するページにたどり着けるようにしていただくとありがたい。

ここで私が訴えたいのは、「一般の方が浴室という狭く換気の悪い空間で、強溶剤型の塗料を扱うのは大変危険。」ということだけです。

技術的難易度が高い・低い、費用がかかる・かからない、DIYが良い・悪い、などは枝葉末節です。

浴室は狭い。
浴室の窓は小さい。
すなわち換気が悪い。

このような空間で、一般の方が十分な安全対策を施すことなく強溶剤型の塗料を使えば、急性シンナー中毒となる可能性が高くなる。
また火気厳禁を徹底しないと、強溶剤型塗料は引火性が非常に高いので火事になる。
どちらも人命に関わる事態です。

私たちプロの施工業者は、必ず換気のため業務用送風機を設置すると同時に高性能の防毒マスクを装着します。
加えて電気的火花による引火を防ぐため、塗装機は必ず浴室から離して設置します。

プロとしてこのような安全対策を講じていても、不測の事態は起こり得ます。
送風機のダクトが周囲のウエス、キッチンペーパー、養生など軽量物を吸い込んで目詰まりを起こし、室内の溶剤濃度が一気に上昇する。
防毒マスクのカートリッジが使用限度を超えていることに気づかず使ったため、いつの間にか意識が朦朧としていた。

私自身もかって送風機にキッチンペーパーを詰まらせたことがあります。
まったく換気していなくても機械音だけは聞こえるので、吹付けしていると気づかないのです。
このような場合、室内の溶剤濃度が急激に上昇するため、業務用防毒マスクを装着していても急性シンナー中毒になります。
幸いあの時は二人で作業していたので事なきを得ましたが、もし一人だったら、ここでこの文章を書いていないかもしれない。

窓を開ける。
既設の換気扇を回す。
ドアを開放しておく。
ホームセンターで売っているマスクを使う。

この程度の安全対策では明らかに不十分です。
一般の方がご自分で浴室・浴槽の塗装をする場合も、プロフェショナルと同等かそれ以上の安全対策を施していただきたい。

これに加えてDIYで塗装する場合、必ず二人以上で行う必要があります。
溶剤中毒により意識を失い倒れた場合、すぐに室外に連れ出し清浄な空気を吸わせれば死亡事故には至りません。
一人だけで作業していると、これが出来ないため最悪の事態となります。
常に一人が塗装をし、もう一人はシンナーの影響がない隣室で作業補助をしながらまさかの場合に備えます。

DIYを推奨するサイトには、「安全対策をしてください。」との記述があります。
しかし、画像などを使ってもっと詳細かつ具体的に説明しないと、一般の方には実際どうすれば良いのか分からない。

私がこのような投稿をしても一般の方の目に触れる可能性は極めて低いので、何の役にも立たないのかもしれない。
ただ同業者の皆さんがこのサイトを訪れる可能性は、わずかながらでもある。

もしこの文章に気づかれたら、ぜひ貴社サイトにイラストや写真を使った具体的かつ詳細な安全対策を追加記述してください。

お願いします。

 

 

フジスプレーのホームページ完成!

2016年9月20日投稿

https://web428.com/ さんからうれしいメールが入りました。

フジスプレーのホームページ完成の知らせです。

すっきりしたデザインで大満足です。

ありがとうございました!

 

これから徐々に情報を追加して行きたいと思います。

ぜひご訪問ください。

https://www.hvlpspray.jp/

 

 

宇部からの生還

2016年9月19日投稿

宇宙ならまだしも、「宇部からの生還」は大げさ過ぎます。
しかしそんな感じもある。

2日で終わらせる予定が3日になりバテました。
次の施工日程が気になりマインドが揺れました。
おかげで写真撮影を忘れました。(いつものことですが)

50cm長の漏水貫通クラックの筈が80cm強で、クラック両端が浴槽壁面のコーナーにしっかりかかっていたため、ライニングと研削に時間を取られた。
在宅のアパートなので作業時間に制限があった。
現場研修なので話してる(説明してる)時間が長かった。

予定が延びた原因はいろいろありますが、すべて言い訳です。
本当のところは私の体力低下なんだろうと目星はついてます。

このままあと10~15年は仕事を楽しもうと考えてる身にとって、体力低下は悩ましい。
そこで2ヵ月半前から筋トレ、ストレッチ、ランニングを始めたが、いまだ効果出ず。
腰痛対策として特に腹筋運動に力を入れているのだが、やればやるほど筋肉ではなく下腹がせり出して来るのはなぜだろう?(運動量の微増 → 食事量の急増。これが原因であろうと目星はついてます。)

完了が1日遅れたこと。
体がとことんバテたこと。
「次の現場、2度目の日程変更認めてくれるだろうか?」とマインドが揺れたこと。
長時間の研削で両手がガチガチに硬直したこと。
施工写真の撮影忘れたこと。
筋トレやる程に下腹がせり出すこと。

いろいろありますが終わってしまえば、すべてOK!No problem!

ということで、仕事もエクササイズも続いて行きます。

 

 

HVLPスプレー塗装機輸入開始(1)

2016年9月11日投稿

ホーク社の勧めもあって今年1月からカナダのHVLP塗装機メーカー「フジスプレー社」のミニマイト5(Mini-Mite5)のテスト使用を始めました。

http://www.fujispray.com/ (メーカーサイト)

HVLP塗装機は、これまでアメリカ、ドイツ、フランス、日本製など色々使って来ました。
3ヶ月ほどミニマイト5を様々な現場で使って、このメーカー、このHVLP塗装システムがベストとの結論に至りました。

その後メーカーと日本での販売について交渉を続け、5月に販売代理店契約が成立。
それ以降、製品カタログ、ユーザーマニュアルなどの作成に追われました。

現在 https://web428.com/ さんにホームページを制作してもらっています。

完成したら浴槽・浴室塗装業界だけでなく、家具塗装、建築塗装、板金塗装業界などにも販売を開始します。
正直なところ販売は苦手ですが、HVLP塗装機は長年いろいろな機種を使い続け熟知してるので何とかなるでしょう。

ホームページが完成したらここでもお知らせします。
久々に年甲斐もなくエキサイトしております。
長くて短く、短くて長い人生、こういうワクワク感も必要ですね。

 

 

ブログ再開

2016年9月11日投稿

特に予定もない日曜日の朝、ぼんやり窓から外を眺めていたら、唐突に 「ブログ・・・」 との思いがやって来ました。
WordPressの操作方法も忘れてしまった9ヶ月ぶりの投稿です。

定期的投稿の大切さは分かっている筈なのに、なぜこんなに間が空くのか?
「仕事では絶対穴をあけられないけど、ブログはまあいいだろう。」とどこかで思っている?
それとも自分を主語にして文章を書くことに興味を失った?
なぜなのか主語にも良く分からないですね。

昨年12月2日最後の投稿から色々なことがありました。
施工に関してはいくつかの物件の写真は撮っているので、過去記事扱いで順番にアップロードして行きます。
施工以外についてもこの9ヶ月で公私共に起こったことを、記憶を元に少しずつ書いてみたいと思います。

外は気持ちいい秋晴れなので、まず朝の散歩に行ってきます。
終わったら今日の内に少なくとも1本は、何かを書こうと思います。

 

 

ホテル施工応援依頼 & 関東営業所開設のお知らせ

2015年11月25日投稿

全国リグレーズ工業会の皆さまへ

2015年も残すところ1ヶ月余りとなりました。
皆さまお忙しくされていることと推察いたします。

1.来年1月ホテル施工応援のお願い

全国リグレーズ工業会会員企業が、石川県小松市のビジネスホテル75室の施工を受注されました。
最初の10室施工に関し1月7日より4~5日間、1名のみではありますが応援施工の依頼が入っております。
経緯上、別途私も応援に伺います。
残りの65室は順次施工する予定で、詳細が決まり次第応援依頼されます。

応援者へのお願いは下記となります。
下地調整等は、受注企業が事前に行い、応援者は養生、塗装、仕上げを行う。
上記業務に必要な塗装機、換気装置、防毒マスク等機材類は応援者が持参する。
交通費等は受注企業が負担する。
宿泊はホテルの施工部屋または空室を利用するので宿泊費は発生しない。
日当は全国リグレーズ工業会取り決め金額とする。

応援可能な方がおられましたら、國米までご連絡よろしくお願いいたします。

 

2.関東営業所開設のご案内

弊社では来たる12月1日より関東営業所を開設することとなりました。

千葉県大網白里市細草998-3

白里海水浴場まで直線距離にして3km程ののどかな住宅地です。
いささか辺鄙ではありますが、田舎者の私たちには大都会のど真ん中でいきなり活動開始するよりは、かなり落ち着けます。(笑)

関東での活動強化は、以前から考えておりました。
プライベートな話で恐縮いたしますが、3人の子どもたちの成長を待つ必要、93歳の母の介護をする必要などにより、なかなか実現に至りませんでした。
しかし、子どもたちはすでに全員巣立ち、この8月には長年申し込んでいた至近の老人ホームへの母の入荘が決まりました。
これら生活環境の変化が、今回の決断を促しました。

  • 関東地区でのOJT/現場研修を増やす。
  • 営業所にショールームを作り、会員企業の皆さまに営業ツールとして利用していただく。
  • 東京江戸川および千葉九十九里での既存会員様向けの各種上級技術研修を増やす。
  • 東京江戸川での2日間基本技術研修を増やす。

当面は上記4点に絞って活動したいと考えております。
状況を見ながらでありますが、将来的には下記3点にも挑戦して行ければと願っております。

  • 関東地区での全国リグレーズ工業会共同現場施工を増やす。
  • 上記のために関東地区で施工チームを編成する。
  • 共同施工現場受注のためにホテル・レストランショーなど展示会へ出展する。

関東営業所開設と申しましても、最初は普通の戸建て住宅に起居しながら、OJT/現場技術研修・基本研修・上級研修を開催するのが精一杯と思います。
活動しながら徐々に環境整備に努めます。

関東での活動が軌道に乗るまで私國米は、出来るだけ長く営業所に滞在します。
岡山県津山市中島177-2の本社機能は従来どおりです。
その都度千葉から戻る形になりますが、岡山での技術研修も従来どおり継続いたします。
皆さまへの塗料の発送も、従来どおり岡山より行わせていただきます。

千葉での上級技術研修開催は、準備が整い次第メール等にてお知らせいたします。
関東および近隣地区でのOJT/現場技術研修は、会員企業の皆さまが受注された現場を弊社が下請けとして施工させていただき、それに合わせて開催する形となります。将来弊社が独自に受注し、その現場での研修開催が可能になるまでは、顧客への施工後の品質保証のため「請負施工=現場研修」の形が必要と考えます。(現在東京都江東区の漏水しているタイル風呂の止水と再生塗装を諸事情で弊社が独自受注し、12月上旬に施工する予定があります。あくまで見積段階ですが、正式に決まりましたら現場研修の案内をさせていただきます。)

上級研修は、下記のようなプログラムを考えています。

  • FRP浴槽等全面ライニング(ポリエステル樹脂とガラス繊維使用)
  • エポキシ樹脂を用いたホーロー浴槽、ステンレス浴槽、陶磁器(洗面ボウル等)などへの全面ライニングおよび部分ライニング
  • パール調塗装
  • ストーンフレックスによるキッチン人造大理石カウンタートップ・壁面タイル等への石目調塗装
  • 大粒子ゴールドパールを用いてのラメ調塗装
  • 乱糸ガンを用いての模様塗装
  • MMA塗り床技法
  • 壁面タイルへの画像転写(デカルク技法)
  • その他

現場技術研修は、下記のようなケースを想定しています。

  • この業界に参入されて間が無く、施工経験がまだ少ない方への現場研修
  • 上記の上級技術研修プログラムにあるような難易度が高い施工が発生した場合、それに合わせての現場研修
  • その他

12月1日以降やるべきことは多々ありますが、基本技術研修開催日以外は日程的に自由がきく身の上となります。
暇を持て余すことになるかもしれませんので、飲み会のお誘い、現場研修のご依頼など気軽に声をおかけください。

また難易度が高いこの業務では、現場経験を積むことが前進のための最大の武器となります。
「本業が忙しい」、「長い間風呂の塗装してないので何だか気が向かない」、「施工担当者が退社した」、「ずいぶん前に受けた基本研修の内容を忘れてしまった(笑)」などの理由で従来なら断られていた浴槽・浴室塗装に関してもご遠慮なく声をおかけください。

本日のお知らせは、以上2件となります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

「浴室床シート、浴室壁パネル貼り」 上級研修のご案内

2015年4月7日投稿

全国リグレーズ工業会の皆さまへ

1月4日のバスタブFRP全面ライニングに続き、来たる5月13日今年2回目の上級研修を開催いたします。
今回は株式会社サンゲツ様の全面的協力をいただき、浴室洗い場床面へのシート、浴室壁面へのパネル貼り研修を行います。

今後の施工活動に必ず役立つ技術です。
一人でも多くの方のご参加を期待します。

本日現在51名の皆さまから「参加」のご返事をいただいています。
研修後の懇親会も楽しみです。
こちらは現時点で30名の参加予定です。

以下が上級研修概要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時 : 5月13日(水)13:00~17:00

場所 : ㈱サンゲツ 東京支社 新館5F

     東京都品川区東品川3-20-17

     (03)3474-1181

内容 : 浴室パネルの説明、施工講習

      オフロアの説明、施工講習

研修費用 : 無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加ご希望の連絡、ご質問などは國米までご連絡ください。

 

 



東洋ビルメンテナンス